テラヘルツ波発生商品『テラヘルツジェネレーター』

心身の乱れを正常化する救世主

テラヘルツ・ジェネレーター・ヒーラー

この低価格でテラヘルツ波を発生する商品を手にできる時代が遂に到来。激動の時代に突入する前に揃えておきたい商品の1つです。

  • いつでもどこでも使える便利さ
  • 体・水・食品・部屋など多目的用途
  • テラヘルツの効果を実感できる

テラヘルツの特徴

テラヘルツとは、電波と光波の両方の特徴を併せ持つ有益な電磁波で、サブミリ波~赤外線の3㎛~3000㎛の周波数(波長)帯を指します。テラヘルツ波という言葉自体はかなり広い範囲を指すことになります。

ちなみに電磁波とは空間を伝わる波の一種で、電波・光・X線の総称であって、電磁波=悪というのは誤解です。有害な帯域と有益な帯域があるというだけです。

健康に良い遠赤外線

まず赤外線についてですが、近赤外線+中赤外線+遠赤外線+超遠赤外線に分類されます。その中でも遠赤外線はポカポカ効果などで有名ですが、4~25㎛の波長域で人体には有益無害な電磁波になります。

成長促進の育成光線

遠赤外線の中でも6~15㎛の波長域を育成光線と言います。この光線は透過性と浸透性が認められ、温度上昇や植物の成長を促進させることが分かっています。

潜在的なエネルギーをアップ

育成光線の中でも7.92~9.34㎛(32~38THz)の波長域が最も有効な周波数帯であることが分かってきました。この周波数帯をテラヘルツ有効波と言います。これが生物の潜在的なエネルギーをアップさせ、植物の成長促進、水の活性化など効果を極大化させます。

(参考文献:テラヘルツ健康有効波が見つかった!!

テラヘルツ波商品の実態

以上のことを理解すれば、市販されているテラヘルツ鉱石をはじめ多くの商品は、以前流行ったトルマリンから極微弱なマイナスイオンが出ていると謳っているものと変わらないレベルであることが分かります。テラヘルツ波というのはあまりにも広範囲過ぎるので、この言葉を漠然と使っている時点で曖昧な商品だと分かります。

ちなみにテラヘルツ・ジェネレーターは、遠赤外線~超遠赤外線である300THzまでカバーできる商品として開発されたものになります。


テラヘルツ・ジェネレーター使用者のうち、約70%の人が健康などの身体に関わることに、30%の人が心・魂・天・神・運勢・人生好転などに何かしらの良さを実感しているようです。


About Me
Hedy

ヘディ
経営者。宇宙科学と真理を探究。専門は教育・IT・美容・健康。山口県岩国市在住。
Twitterをフォローする
RSSフィードを購読する


おすすめ記事
2015.12.15
よく読まれている関連記事

この記事にコメントする

* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

下記の『コメント送信』ボタンを押してください。

認証[半角数字で入力] *