テラヘルツ波シールの有効活用法

テラヘルツ波シール『スムーズトリーノ』の効果

テラヘルツ関連商品で『テラヘルツジェネレーター』を紹介しましたが、今回はシールです。これも良いお品ですよ☆彡 簡単な説明と有効活用法についてお話ししてみたいと思います。

テラヘルツ波シールの特徴

テラヘルツ波シールも色々なメーカーの物がありますが、現段階においてはこれが一番良いかなと思っています。

テラヘルツ波は3㎛~3000㎛のかなり広範囲な波長帯を指しますが、その中でも健康に有効な波長帯は7.92~9.34㎛です。このピンポイントな波長帯(有効波)を放射するシールだからです。

テラヘルツ波>赤外線>遠赤外線>育成光線>有効波

この関係性を見れば分かりますが、テラヘルツ波という言葉は遠赤外線よりも広範囲を指す言葉です。なので、遠赤商品をテラ商品と言っても嘘ではありません。もしかしたらそういう商品もあるのかもしれませんが(ボソッ)。

テラヘルツ波シールの使い方

身体に貼る

シールなので、まずは痛みやコリがある箇所や経穴ツボに貼ると良いです。同梱の説明書に人体図が書かれていて、貼るポイントに●が記されています。

シール自体は高次医療にも用いられる高品質なテープが使われているので肌が敏感な人でも使えるよう設計されています。

携帯電話・パソコンに貼る

スマホやパソコンの電磁波は身体に悪いと言われていますが、ヨーロッパでは法律で子どものスマホ使用を禁止にする国も増えてきています。日本の安全基準は「直ちに健康被害はない」ですので、何事も中長期的な悪影響より目先の経済が優先になってしまいがちですが。

この携帯電話の電磁波については、電磁波それ自体が悪影響を及ぼすというより、その電磁波に乗っている『ノイズ』が身体の電気信号・振動を乱しています。シールを貼ることでノイズによる乱れを正常化できます。

ピッチャーに貼る

我が家では万能水を作ってピッチャーに入れているのですが、そのピッチャーの底面に貼っています。

テラヘルツ波は水に吸収されやすく共鳴しやすい性質を持っていますので、日々の健康維持のためにテラヘルツ水として飲んでいます。

口当たりがまろやかになるので分かりやすいと思います。

その他

上記は効果も確認済みなのですが、今、もしくはこれから実験しようと思ってるモノを列挙しておきます。

キッチンや風呂場の蛇口、トイレ貯水タンク、各種電化製品、分電盤、植物の鉢など。

ここだけのマル秘テク

テラヘルツ波シールですが、モノに貼る場合は2枚重ねで貼るとより効果が増す感じがしています。それと、擦れて長く使えないのが気になる方は、100均などに透明の防水フィルムが売っています。ガーゼなどを濡らさないために貼るものですが、これを上から貼っておけば長くご使用になれます(ロールタイプだと台紙に方眼が付いていて自由な大きさに切って使えます)

身体に貼る場合のおすすめは、背骨の延長線上で髪の生え際付近にペタッ。髪で隠れる箇所です(短髪の人でも目立たないので)この部分は押さえておきたいポイントになります。脳からの指令(電気信号)を正確に全身に伝送されるようになります。

お値打ちなショップ発見

お値打ちなショップを見つけたので紹介しておきます。10枚×5シートの50枚入りなので、色々と実験してみると面白いですよ。


About Me
Hedy

ヘディ
経営者。宇宙科学と真理を探究。専門は教育・IT・美容・健康。山口県岩国市在住。
Twitterをフォローする
RSSフィードを購読する


おすすめ記事
2015.12.12
よく読まれている関連記事

この記事にコメントする

* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

下記の『コメント送信』ボタンを押してください。

認証[半角数字で入力] *