幸福のありか – 自然と美と感謝

今回は海外の動画の中から1本、翻訳付き動画の紹介になります。10分弱ですが、人生においてとても大切なことを話されているように思います。

自然の美というのは見落とされがちですが、シュワルツバーグのレンズにかかれば違います。微速度撮影されたシュワルツバーグの息をのむような映像と、ベネディクト派修道士デーヴィッドの力強い言葉は、一日一日への感謝に満たされた瞑想へと誘ってくれます。

印象に残った部分の抜粋

今日という日は人生の単なる1日だと思いますか? 違います。これは今日あなたに与えられた特別な1日なのです。与えられたもの、贈り物なんです。今あなたに託されている1つしかない贈り物で、それに応える唯一正しい態度は『感謝』です。この特別な1日という素晴らしい贈り物に応える力を育もうと努めるなら、それが自分に与えられる最初で最後の日であるかのように。応える術を身に付けるなら、その日をとても有効に過ごすことになるでしょう。

コメント

これまでの社会や人生は、成功や幸せの概念を他から植え付けられていたのですが、今年からは多くの人がそういう事にも気付いていき、自分の生き方をもう一度見直す機会が増えていきます。

人間には自由意志が与えられている以上、どういう生き方をしても構わないのですが、その根底には『自然の一部』であることを忘れてはならないように感じています。すべてに対して感謝を忘れてしまっては、自由という名の『わがまま』になってしまいます。

今の生活を大きく変えようとする前に、今の環境において色々なことに感謝ができる自分を再発見する。そうすることによって本当に自分が何を望んでいるのかも、自ずと分かってくるのかなと思います。


About Me
Hedy

ヘディ
経営者。宇宙科学と真理を探究。専門は教育・IT・美容・健康。山口県岩国市在住。
Twitterをフォローする
RSSフィードを購読する


おすすめ記事
よく読まれている関連記事
  • 只今、執筆中です。もう暫くお待ちください。

この記事にコメントする

* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

下記の『コメント送信』ボタンを押してください。

認証[半角数字で入力] *